2012.08.28

リハビリができない理由? ~ 意欲の問題

2012.8.2 のブログの冒頭・・・
入院相談の時に、
「すいませんが、当院ではリハビリができません」
頭をさげることがあります。
     ・・・ とあります。

この時は法令上の説明をしましたが、
もうふたつ、とても大事な要件があるので書き添えます。

ひとつは、
“生活する”より“生きる”の方が大切になった場合です。
加齢や疾病の状態によりリハビリそのものが出来なくなり、
医療処置を含め医師が必要になった場合です。
もうひとつは、
リハビリをする意欲の問題です。
これは実に難しい問題で、尊厳・権利・欲求・自己選択などなど・・・
リハビリをしたくない」という思いが強い場合はできません。
それが認知症や精神疾患であっても、
ご家族が「どうしてもお願い…」という思いがあっても、
本人が拒否する場合はリハビリができません。

当院は療養病院、病院でありながら生活の場です。
面白くない思いをさせてまでのリハビリは、
共に入院されている他の患者様にもご迷惑がおよび、
ともすると病棟での生活ケアにまで拒否が…。
基本、その気になるまで待っていますが、
あきらかな拒否にはリハビリ中止を決断します。

人生いろいろ、人もいろいろ、
“命”に関わる問題以外は、思いを尊重したいです。     M
病院案内


医療法人社団つつじ会
空知中央病院
北海道樺戸郡新十津川町字中央20-4
TEL 0125-76-4111
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新タイトル
月別アーカイブ
カテゴリ一覧
リンク